酸素カプセルの効果について
2019年3月31日

リースで導入、酸素カプセルで美と健康の企業づくり

酸素カプセルは、空気圧と酸素濃度を高めた、全身が入るカプセル状のベッドのことです。

現在では様々なメーカーから発売されており、企業やスポーツジムなど様々なところで目にする機会も多く、日本でも馴染みのあるものになりつつあります。酸素カプセルが美容や健康によいとされている理由は、カプセル内の酸素の種類に関係があります。カプセル内の空気は、通常の大気圧と比べ、「溶解型酸素」が多く含まれるのが特徴です。大気中にはほとんど存在しないこの「溶解型酸素」は、液体に溶けやすいため、血液など体液に混ざりやすい性質を持ち、呼吸では取り入れることのできない種類の酸素です。

この「溶解型酸素」を高い空気圧で体に入れることで、体の隅々まで酸素が行き届きます。すると、管が細く普段酸素の行き届きづらい毛細血管や皮膚にも酸素が届き、活性化することにより、肌の老廃物の排出を促す効果が期待されます。また、ダイエット効果も見込めます。しかしながら、新品の酸素カプセルを購入するとなると、ハードタイプ(布や折り畳み式ではないがっちりした作りのもの)の場合約200~400万円の予算が必要になります。

効果を前向きに考え、企業で導入を検討するにも稟議が必要な金額です。そこで、初期費用を抑えて使用する方法が、酸素カプセルのリースでの使用です。リース契約では、企業が購入したい商品をリース会社が代理購入し、長期にわたって賃貸するため、レンタルで使用するよりも低コストかつ、様々な種類の酸素カプセルの中から気に入ったものを企業が自由に選ぶことが可能です。また、購入する場合と比較すると初期費用も大幅に抑えられるほか、企業はリース料を全額経費として処理することができます。酸素カプセルで美容と健康に一歩踏み込んだ企業づくりをするために最適なプランです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *